定期テスト対策なら守谷の塾の桜ゼミナール(後編)

query_builder 2020/06/30
ブログ
答案用紙_R
梅雨ですね~。沖縄はもう梅雨明けですが、関東はいつになるのでしょうか?

平年・・・7月中旬~下旬に梅雨明け

意外と遅いですね。もうしばらくこの天気が続きそうです。雨に濡れた時は風邪を引きやすいのでお気をつけください。


さて、本日のテーマは、「定期テスト対策(後編)」についてです。塾の先生から見てそもそも先生(学校も塾も含む)のあるべき姿はどういったものか?をお話できればと思います。先生の役割として色々な要素はありますが、本日は一点だけお伝えします。

・教えるスキルが一定以上のレベルであること。予習に割く時間があること。

ここで注目したいのは、「予習に割く時間があること」です。現場は忙しく、先生(学校も塾も含む)は予習にあてる時間があまり確保されていないこともあります。同じ予習でも、ポイントを軽く見るのと実際に生徒が解く問題を先生も解いてみるのでは授業の質が変わってきます。先生をやるくらいなので、予習をしなくても教えること自体はできます。しかし、それで質の良い授業ができるかと問われれば答えは、「ノー」になります。先生は実際に生徒が解く問題を解くことで、どこでつまずくかがはっきりとイメージできます。予め生徒がつまずきそうなところが分かれば、ポイントの時にどこに気をつけながら解けば良いかより具体的な指導ができます。それが分かりやすさに繋がり信頼に繋がってくると思います。これは理想なのですが、そうあるべきだと思っています。先生が授業の予習にあてる時間がきちんと確保されていることは凄く大事です。しかし、そうでない環境もあるので、現場で先生方は辛い思いをしている人がたくさんいると思います。先生方の働く環境が少しでも改善されることを望みます。

また、定期テストで結果を出すためには、その子にあったやり方で指導することが大事です。個々の特徴を捉え、何をやらせるか。これは指導者の人がどれだけその子の力を引き出すことができるかということになります。いくつか例を用いてお話します。

・学校のワークをテスト前に2回解いたことがない人
→2回解かせきることが何より大事。

・学校のワークを2~3回やっているが、点数が伸び悩んでいる人
→×をきちんとなくしていくようにすることが大事。そもそも×をつけているか。×をどこまで減らすことができているか。それを把握しているか。

・国語が伸び悩んでいる人
→学校のワーク、教科書、ノートを見直してもなかなか80点(90点)を超えない人は、別のテキストの同じ単元を解くことで問題を解く数を増やし類題を解いて力をつける。できれば学校ワーク以外に2冊のテキストを使って類題を解く。

・ケアレスミスで点数を落としている人
→ケアレスミスではなくこれが自分の実力であると認めること(ほとんどの場合、勉強時間がまだ足りておらず正確に暗記しきれていないことが原因)。間違えた問題を必ず暗記すること。そのためのノートまとめ、もしくはテキストに目立つように蛍光ペンで問題番号に×をつけておく。テスト前には自分がどのパターンの間違いをしているか全て暗記していること


これはほんの一例です。先生が、「今この子に何をやらせるのが一番適切か」という指導力があるかどうかでお子様の成績の上がる可能性は大分変わります。そのためには、一人一人のことを把握していないといけません。これも最初の話に繋がるのですが、そのための体制が(学校や塾に)あるかどうかが大事です。塾業界は先生のそれもとりわけ社員の負担が大きいケースが多いです。小学生から高校生まで教えているケースも多々あります。また、先生がいないという理由で不得意科目を社員がそのまま授業をしているケースを多くあります。本来先生も得意・不得意はあるのですから得意科目を指導するのが一番良いのですが、今の塾の形態ではそれが難しいのが現状です。そういった意味でも塾業界自体が変わっていくべきで、もっと生徒・保護者の方に安価で質の良い授業を提供できるようにしていくべきだと思います。上の役員は高給取りで社員は平々凡々(もしくはそれ以下)という会社も多いです。もっと「生徒のために」、「保護者のために」、「社員のために」という会社が増えていってほしいものです。今後塾業界は変わらないといけない岐路に立っています。

・真実(成績、進路、モチベーション、これらの意味を正確に把握している)

・誠実(生徒、保護者、社員に対して)

・謙虚(おごらない、誰かの支えがあって今の自分がある)

このような気持ちで今後も取り組んで参りたいと思います。ご一読いただきましてありがとうございました。







NEW

  • 本を無料で出版予定 守谷の塾なら桜ゼミナール

    query_builder 2020/07/25
  • 夏休みの宿題いつやる?守谷の塾なら桜ゼミナール

    query_builder 2020/07/21
  • 楽しもう 守谷の塾なら桜ゼミナール

    query_builder 2020/07/20
  • 学校ワーク 守谷の塾なら桜ゼミナール

    query_builder 2020/07/19
  • 効率の良い勉強方法 守谷の塾なら桜ゼミナール

    query_builder 2020/07/18

CATEGORY

ARCHIVE