教科書デジタル化へ 過去最高を目指すなら桜ゼミナール

query_builder 2020/10/07
ブログ
デジタル_R


半沢直樹のドラマ良かったですね。製作者側の細部までにこだわった一つ一つの思いが結集されていました。なぜあれほど皆に愛されるのか、これは一言で言うと、「魂」だと思います。役者がその役を全力で演じる、並々ならぬ気迫を感じました。それはもはや「人の心を揺さぶる」ほどでした。一場面にどれだけの魂を込めて演じきったか、想像に難くないと思います。相手の心を揺さぶるには、それだけの「本気度」が試されているのかもしれませんね。このドラマを見られて良かったです。ありがとうございました。

 

 

さて、本日のテーマは、「教科書デジタル化へ」です。

 

萩生田光一文科相、平井卓也デジタル改革担当相、河野太郎行革担当相の3閣僚会合で、GIGAスクール構想による小中学生の11台端末の整備を踏まえ、教科書は近い将来、原則としてデジタル教科書に移行し、無償化の対象とする考えで一致したことが分かった。

 

簡単に言うと紙の教科書不要の時代がきます(紙の教科書は教材として残すか検討中のようです)。カバンにたくさんの教材を入れて・・・という時代がなくなるかもしれません。しかし、デジタル化にすることによって生じるデメリットをどこまで考えて議論しているのかが気になります。デジタル化するデメリットは大きく二つあります。

 

     多人数で使用すると通信障害が起こりやすい

     目の負担が大きい

 

まず、①ですが、1つの教室でタブレットをたくさん使うと通信障害が起こりやすくなります。そうなった時に学校の先生は機械専門の先生ではないので、問題を解決するのに時間がかかります。すると授業の進行がストップし結果としてその時間はかなり無駄な時間になります。次に②ですが、長時間タブレットを使用することが目に与える影響は大きいと言われています。義務教育課程の中であえて目に大きな負担を強いるのはいかがなものでしょうか?目の専門医の方の意見も聞きたいところです。これ以外にもあげればきりがないくらいデメリットはあります。でも現実的にまず必ず起こるであろう大きな問題は上記2点だと思います。

 

ICT教育を否定するつもりは一切ありません。むしろ取り入れていかないといけないと思っています。ただ、どう取り入れていくのが良いのか?ここはもっと慎重に議論を重ねてほしいと思います。時代の流れ?国民の支持集め?安易に話を進めているようにも感じます。本当の意味で子どもに寄り添った、子どもの立場に立った意見という感じがしません。何が子どものためになるのでしょうか?本質はどこにあるのでしょうか?教育者は常にここを考えていかないといけないと思います。私自身試行錯誤しながら生徒のためになる授業をやっていきたいと思います。ご一読頂きましてありがとうございました。



NEW

  • 参考になる言葉① 守谷で過去最高を目指すなら桜ゼミナール

    query_builder 2020/10/20
  • 家庭で大事なこと 守谷で過去最高を目指すなら桜ゼミナール

    query_builder 2020/10/19
  • 自分で勉強できるのが理想だが 過去最高を目指すなら守谷の塾の桜ゼミナール

    query_builder 2020/10/16
  • 時代は変わる~創造せよ~ 守谷で過去最高を目指すなら桜ゼミナール

    query_builder 2020/10/13
  • 教科書デジタル化へ 過去最高を目指すなら桜ゼミナール

    query_builder 2020/10/07

CATEGORY

ARCHIVE