家庭で大事なこと 守谷で過去最高を目指すなら桜ゼミナール

query_builder 2020/10/19
ブログ
一家団欒_R

急に夜寒くなりましたね。私は最近毛布を掛けて寝ています。少しでも風邪を引きそうな予感がしたらそうならないように、身体を温める、早く寝る、無理をしないということを心掛けましょう。


さて、本日のテーマは、「家庭で大事なこと」です。私が考えるに中学生のお子様を持つ保護者の方が家庭で最も大事にして頂きたいことは『日常会話』です。これまで多くの保護者の方と面談をさせて頂いて、正直困ったな~と感じる時は『お子様と全く会話をしていない状態』の時です。志望校を決める時にお子様と保護者様で考えが違う時にかなり揉めることになります。これはあまり良くありません。逆を言えば、『日常会話』が出来ていればほとんど問題ありません。親としてどうあるべきか、色々と悩まれることもあると思います。お子様は「うるさいな」とか「うざい」とか口では言うこともあるかもしれませんが、心底そう思っている人はほとんどいません。しかし、親の不安を煽るように『親はこうあるべき』ということを強く主張する人もいます。ひどい人だと親が悪いと平気で言い切ってしまう人もいます。そういう人に一言言いたいです。「あなたはうちの子の何を知っているんですか?」、「私の何を知っているんですか?」と。何も悩まずに子育てが順調に上手くいくということはほぼあり得ません。子どもは子どもで悩みます。大人だって悩んで当然です。上手くいかないことがあって当然です。親も子育てをしながら学んでいるのです。必要なのはアドバイス。いくつかご紹介したいのですが、本日は「無視をしてはいけないこと」だけを伝え、後日「こうした方が良い」という形で連載していきたいと思います。



■無視をしてはいけないこと

①昼夜逆転

②ゲーム依存(動画依存)


就寝時間がいつも夜12時を過ぎると危険信号です。夜中1時を過ぎると昼夜逆転してしまいます。受験生でも夜12時前に寝ることをお勧めします。夜中まで起きていると眠くて学校の授業が集中できないからです。学校の勉強が無意味なものになってしまいます。


ゲーム(動画)依存とは単純に長時間やるというよりも、親が止めなさいと言っても「うるせぇ!」と切れてしまい手に負えない状態のことを言います。しぶしぶでも言うことを聞くならまだ何とかなります。


これらのほとんどは、『日常会話』不足で起こるものです。さらに掘り下げるとなぜ『日常会話が不足してしまうのか?』。それは『ぎくしゃくしてしまう関係になったからです』。では『なぜぎくしゃくしてしまう関係になったのか?』。それは『無意識のうちにお子様に否定言葉をたくさん使ってしまったから』です。誰だってマイナスの言葉を投げかけられ続けるとやる気がなくなっていきます。会話もしたくなくなります。悪気はないと思いますが、自分が思っている以上にマイナス言葉を使っている可能性が高いです。お子様と上手くいっていないかもと感じる人は他人に自分が普段お子様に接している時の態度や言葉を伝えてみましょう。客観的に判断してもらうのが良いです。極力マイナス言葉は使わないように気をつけましょう。ついつい使ってしまう時もあると思いますが、それはそれで普通です。これまでよりもマイナス言葉を使う回数が減ったなら自分自身を褒めてあげましょう。少しずつ改善していきましょう。



何かを解決する時に手っ取り早く解決できる方法はほとんどないのかもしれません。特にコミュニケーションにおいては顕著にそれが現れます。言葉は相手を励ますことも傷つけることもできます。しかし、自分のことは案外客観的に見られないものです。普段自分が使っている言葉が無意識のうちに相手を傷つけていることもあります。少しでも不安を感じたら他人に評価してもらいましょう。きちんと意見を言ってくれる人がいいですね。少しでも関係が良くなっていけたらいいなと思います。ご一読頂きましてありがとうございました。



NEW

  • 個人塾について

    query_builder 2020/12/01
  • 守谷の冬期講習なら桜ゼミナール③

    query_builder 2020/11/30
  • 守谷の冬期講習なら桜ゼミナール②

    query_builder 2020/11/27
  • 守谷の冬期講習なら桜ゼミナール

    query_builder 2020/11/24
  • 勉強するための準備② 過去最高を目指すなら桜ゼミナール

    query_builder 2020/11/17

CATEGORY

ARCHIVE