指導者の心得 守谷の塾なら桜ゼミナール

query_builder 2021/06/16
ブログ
【写真】質問教室フォロー指導_R

■結果

中2のテスト結果が全員分かりました。平均して5教科合計が前回より30~40点上がりました。教科で過去最高得点を取った人もいれば、5教科合計で過去最高得点を取った人もいます。順位はまだ出ていませんが、順位でも過去最高が取れると尚良いですね。


■あと一歩の理由

生徒はそれぞれ凄く頑張ってくれました。今回はこれがベストの結果だったと思います。しかし、先を見据えるのが指導者です。この結果には多少の安堵の気持ちはありますが、満足はしていません。それは、全員まだ上がると思っているからです。5教科合計で全員+20点以上(今回のテスト結果よりも)上がる可能性があります。50点以上上がる可能性がある人もいます。それは直接教えるとある程度見えてきます。あと一歩伸びなかった理由は大体以下のようになります。

・反復が足りなかった⇒あともう1・2周できるかどうかが勝負

・キャパオーバー⇒今回は本人なりにキャパ一杯の努力をした。次回も頑張れば、次はさらに良い結果が出る可能性がある

・メンタル面の影響⇒漠然とした不安など。経験によって克服していくしかない


■指導者の心得

生徒の可能性を信じることはとても大事です。経験不足の先生ほど、「この子の実力はこれくらいだろう」という誤った判断をしてしまいます。しかもそういう先生ほど判断が早いのです。ちょっと教えたくらいで「この子はこれくらい」と決めつけてしまうことがあります。でも、多くの生徒を見てきた人は、「これくらい」とはすぐに判断しません。時に生徒は予測よりも上の結果を出すことがあるからです。良い指導者は、できる限り伸びる要素を見つけて可能性を広げていきます。悪い指導者は、誤った判断で生徒の可能性を潰してしまいます。可能性を信じ、生徒を鼓舞していくのが指導者です。


勉強は複雑で、色々なものが絡み合って結果が出ます。目標設定、勉強量、勉強のやり方、体力、メンタル、学校生活、友達関係、親子関係、睡眠など、色々なものが全て影響してきます。結果はとても大事ですが、結果だけをお子様に求めないようにしてほしいと思います。社会に出て求められるのは「結果」ですが、学生のうちこそ「過程(プロセス)」を大事にしてほしいと思います。過程を重視することで、「結果の出る過程」を作り出していくのがとても大事です

どういう努力をしたか

良かったことは?

反省点は?

次に何を活かす?

前回と比べて前進はしたのか?

目標設定は正しいのか?

プロセスは正しいのか?

このままのやり方でいいのか?

結果が出ている人はどうやって勉強しているのか?

こういったことを考えることが「結果」に繋がります。学生のうちは、ここにこだわった方が社会に出てからの伸びしろも大きいです。勉強面でもこの方が結果も出やすくストレスもあまりかかりません。お子様と会話する時は、どうか「結果」ばかりに焦点を当てないでほしいと思います。「結果」は塾に求めましょう。ご一読頂きましてありがとうございました。



NEW

  • ブログが変わります

    query_builder 2022/09/05
  • 自習

    query_builder 2022/08/31
  • 効率よく解説

    query_builder 2022/08/30
  • 定期テストの英語の勉強の仕方

    query_builder 2022/08/26
  • 現実を受け止める

    query_builder 2022/08/25

CATEGORY

ARCHIVE