【守谷・塾・桜ゼミナール】準備

query_builder 2021/07/06
ブログ
全力2_R

雨が続きますね。まさに梅雨。梅雨が終わると今度は猛暑かな。今年はダブル高気圧の影響で例年より暑い予想です。熱中症などには気をつけましょう。


さて、ある日の私の一日をご紹介します。

<午前>

・休んだ分のフォロー指導

・体験授業

・入塾面談


<午後>

・数検対策授業(準2級)

・休んだ分のフォロー指導


<夕方>

・通常授業



前日には掃除と予習を終わらせています。どんなに忙しくても、予習ゼロで授業した日は記憶にないです。それは当たり前かもしれませんが、先生が授業の予習をして授業をするのはとても大事なんです。授業の質が変わるからです。塾の先生がきちんと授業の準備をして授業をする、そんな当たり前のことができていない塾の方が圧倒的に多いと思います。授業だけなら予習しなくても出来ます。でも、質の高い授業を提供しようと思えば、予習をするのが当然です。いったいどれだけの人が本当に事前に授業の準備をしていますか?半分もいたら驚きです。感覚としては1割くらいでしょうか(私と同じレベルで準備をしている人は)。


多くの塾は、「授業の準備」ではなくて「業務」や「売上を上げること」に時間を割いています。「生徒が主役ではない」状態です。生徒に接する態度、生徒に投げかける言葉、その一つ一つに気を配りながら日々過ごしている人はほとんどいないでしょう。残念ながらそんなもんです。でも、塾の中には一生懸命生徒のことを考えてやっているところもあります。私の経験上、大手の塾はほとんど皆無です。個人塾は比較的その傾向があります。個人で塾を経営している人は、「儲かりたい」か「生徒のために頑張りたい」かのどちらかです。あとは実績も大事ですね。桜ゼミナールでは、今回は一部の前期中間テストの結果しか載せていませんが、その他多くの生徒の成績が上がっています。個々の成長も感じられます。


大手の塾で10年以上培ってきた経験を活かし、生徒のために今日も頑張って「準備」をしていきます。ご一読頂きましてありがとうございました。




NEW

  • ブログが変わります

    query_builder 2022/09/05
  • 自習

    query_builder 2022/08/31
  • 効率よく解説

    query_builder 2022/08/30
  • 定期テストの英語の勉強の仕方

    query_builder 2022/08/26
  • 現実を受け止める

    query_builder 2022/08/25

CATEGORY

ARCHIVE