配慮

query_builder 2021/10/13
ブログ
配慮_R

秋は紅葉の季節ですね。でも、これからは昔みたいにきれいな紅葉が見られなくなるかもしれません。残暑が長引けば長引くほど秋は短くなります。地球温暖化の影響もあり、これからもその傾向は続くでしょう。30年後には今ほどきれいな紅葉は見られないかもしれません。日本は四季があり、それぞれの季節を感じることができました。今この瞬間、そこに感謝しながら生きていくべきなのかもしれません。



さて、本日のテーマは、「配慮」です。多少愚痴っぽくなりますが、これは教育者全員が考えないといけないことだと思います。

定期テストも終わりテストが徐々に返ってきています。今まで通りのテスト内容もあれば、いつもより易しいテスト、いつもより難しいテストがありました。ここで一つ言いたいことは、いつもより難しいテストを作成した人は配慮が足らなかったということです。もちろん、何か意図があって不平等にならないように考えているのならいいのですが、単純に「今回はテスト勉強時間がたくさんあったはずだ」という理由で難しくした先生は問題があります。生徒の置かれた環境を理解していないからです。生徒とコミュニケーションが取れていないことを意味しています。今回テスト日程が延びたことで確かに定期テスト対策をする時間は増えました。ただ、もともとの日程に向けて頑張っていた人にとっては気持ちの切り替えが難しかったと思います。また、本人に問題があるとはいえ、生活リズムがずれた人も多少いるでしょう。大人が思っている以上に定期テストに集中するのはいつも以上に困難な人が多かったはずです。そのことは、生徒と多少でもコミュニケーションを取っている人であれば気づくでしょう。気づかないということは、生徒とコミュニケーションが全く取れていないことを意味しています。



もし、難しくテストを作ってしまったのなら、必ずその意図を生徒達に伝えるべきです。そして、通知表に悪影響が出ないように配慮してほしいと思います。もし、「お前ら勉強する時間たくさんあっただろ~」という先生がいたら信用できませんね。何も分かっていない、一方的なコミュニケーションしか取っていないということが分かります。桜ゼミナールの生徒で、テスト対策に苦戦して泣いている人もいました。とてもまじめな生徒です。そのお子様の気持ち分かりますか?多少なりともコミュニケーションが取れているのなら、そこに気づくはずです。先生方はお忙しいとは思いますが、大事なところはきちんと対応してほしいと思います。ご一読いただきましてありがとうございました。

NEW

  • 準備

    query_builder 2021/10/15
  • 配慮

    query_builder 2021/10/13
  • 検定

    query_builder 2021/10/12
  • タイミング

    query_builder 2021/10/09
  • 成績が伸びない子・伸びる子の特徴

    query_builder 2021/10/08

CATEGORY

ARCHIVE